7月

18

2017

からだにいい暮らし、始めませんか?

たべものネタ

『夏といえばアイスクリーム・・の怖い話』

 

これからの季節、つい冷蔵庫で探してもらうのがアイスクリームですが、

ちょっと知っておいて欲しいことがあります。

本物の(?)アイスクリームは牛乳や生クリームなどの乳成分、卵、砂糖で作りますが、お店で見かけるアイスクリームには呼び名が違うものがあと2つあって、

乳成分(乳固形分と乳脂肪分)の含有量が違います。

①アイスクリーム(乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上)

②アイスミルク(乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上)

③ラクトアイス(乳固形分3.0%以上)

 

 

今やアイスの代名詞ともなったハーゲンダッツは

『アイスクリーム』

ha-genndattu

この中で気をつけて欲しいのが、『ラクトアイス』

例えば○ーパーカップや、ソフトクリーム風のアイスです。

 

スーパーカップ

 

 

ラクトアイスが問題なのは
乳製分が少ない分、アイスクリームらしく仕上げる為に

いろいろ使っている植物油脂や添加物なんです。

 

添加物 トランス脂肪酸

 

怪しい油かな?と思ったら食べる前にバイオリンク。忘れずに飲みましょうね♪

horai8