4月

10

2017

蒲田のダイエット薬局店主、洞井の気づき『ステキな発酵文化』

日々の気づき

ステキな発酵文化

3月に研修で仙台の納豆工場に行って来ました。

納豆作りにバイオリンクのクロレラエキスを使っています。

tkg170411.6
私がずっと前から大切にしている発酵王国という冊子には、日本人が築いてきた発酵文化のおもしろい記事が満載です。

ご紹介しますね!

 

納豆菌が働く納豆。
乳酸菌や酵母が働くお漬もの。日本固有の『麹菌』から生まれたしょう油・味噌・酢・酒・・・などなど。

いずれも私達の身体の中にも1000兆個もいるという微生物のステキな世界です。

でも発酵って、よくわからないですよネ!

例えば牛乳の栓を抜いて数日間放っておいたら空中から腐敗菌が入って牛乳は腐ります。

でも発酵微生物の乳酸菌を入れてあげると、なんと

おいしいヨーグルトやチーズになります。

これが発酵の力です。

誰しも一生のうちにはお世話になる抗生物質も、当店でオススメしているクオリ酵華も発酵の産物です。
意外なものでは、世界一硬い発酵食品 鰹節 半年かけて作ります。

330年も昔、難破した漁師が持っていた鰹を薪で燻したのがきっかけで生まれたそうです。
カビ菌をつけて発酵を進める間にうま味成分のアミノ酸がどんどんできて、おいしい鰹節になっていくんだそうです。

かつお節でだしをとったおみそ汁がおいしいはずです。

ステキな発酵大国の日本に生まれて、ホント幸せですね!

tkg170411.7