8月

29

2016

☆クロレラの『皮』と『ガン抵抗性』の関係!

未分類

re_index02
冬になると、青森からリンゴを箱でいただきます。でもしばらくすると
「あっ、1個傷んでる!」「あれっ、こっちのリンゴも傷んでる!」
こんな経験はお有りですよね。
傷んでしまうリンゴと傷まないリンゴ。この違いって何でしょう?
それは紫外線やカビ、雑菌などから実を守る『皮』が強いか弱いかなんです。
私たちの身体でも、同じようなことが言えます。
例えばガンやウイルス。これらが攻撃するのは私たちの身体にある60兆個の細胞です。彼らは
血液という道路を通りながら身体中を 『皮が弱い細胞』はないか?と探し回っています。
そして弱い細胞を見つけると、そこから進入して来て爆発的に増殖します。

だから、細胞の皮=細胞膜が大事
クロレラ断面
左:多糖体を持たないために、分厚くなってしまった硬い細胞膜。

右:バイオリンクのチクゴ株
細胞膜が薄いために、多糖体という免疫の要となるネバネバ成分に覆われている

減液バイオリンク源液 36回分 25,920円
バイオリンク粒バイオリンク粒1000粒 1か月分 9,936円

☆バイオリンクは
多糖体という皮で守られ、そして実の部分には、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、葉緑素、脂肪酸など、なんと77種類の栄養素がビッシリ詰まっています。
矢印
だからバイオリンクはガンやウイルスと戦う力をアップさせてくれるんです!